プロテインの摂取方法

プロテインを摂取するときには、筋トレの目的別にタイミングを計るのが効果的です。とにかく筋力をつけて強い体になりたいというときは、筋トレを終えた30分以内のプロテイン摂取がおすすめ。吸収率が高まっているときですから、プロテインを無駄なく取り込めます。疲労回復が目的の場合は、寝る前にプロテインを飲むのが効果的。ウェイトアップが目的なら、食事中や食後にプロテインを摂取するとよいでしょう。

プロテインを摂取する時に覚えて欲しいことがあります。プロテインには3つの種類があります。吸収力が早いホエイプロテインは、ヨーグルトの上澄みで、筋肉の修復に向いています。カゼインプロテインも牛乳が原料で、乳酸菌の働きによって固まる性質。体への吸収は、ゆっくりなタイプのプロテインです。大豆のたんぱく質を粉末化したソイプロテインは、植物性たんぱく質としてカロリーを抑えたいときなどに適しています。糖質や脂質も少なめの植物性プロテインですが、吸収率はカゼイプロテインと同様、ゆっくりめです。

プロテインの摂取は、過剰になっても逆効果。プロテインの種類や接種方法にも目を向けて、トレーニング量に合ったプロテイン量を取り入れたいところです。食事とのバランスにも、気を付ける必要があります。

必要なプロテイン量

筋トレをするときに、効果的なプロテインの摂取量はどのくらいか、気になります。筋トレをしているときには、当然のことながら、体内のたんぱく質がエネルギー源として使われていきます。おまけに筋肉が刺激されて傷つくため、回復するためにもたんぱく質が余計に必要。具体的にどのくらいの量のたんぱく質が必要になるかは、体重と運動内容から算出可能です。

筋トレなどせず、普通の生活をしている人でも、体重50kgの女性なら1日に木綿豆腐で約750g分のたんぱく質が必要です。牛乳なら1.5リットル、サーロインステーキなら約430g必要だというと、驚かれるかもしれません。筋トレをするときに必要となるのは、さらなるたんぱく質量。牛乳なら3.6リットル、木綿豆腐なら1.8kg、サーロインステーキなら1kgほどものたんぱく質摂取が必要になるのです。1日にこれだけの食材を飲食するのは大変ですし、カロリーや脂質なども気になります。

その点、プロテインなら、カロリーや余分な脂質・糖質などを抑えて、たんぱく質を効率よく摂取できます。大量な食材を胃に収める負担なく、必要なたんぱく質をスムーズに吸収できるプロテインは、やはり筋トレに欠かせないお供なのです。

筋トレに不可欠な栄養

筋トレといえば、合い言葉のように出てくるのがプロテイン。たんぱく質を意味する英語で、ギリシャ語では一番大切な物という意味を持っています。たんぱく質といえば、炭水化物や脂質と並ぶ、三大栄養素の一つ。市販品では粉末状のプロテインなどもありますが、たんぱく質の補給が効果的に行えるようにした栄養補助食品なのです。

たんぱく質は、体の構成要素の中でも大きな割合を占めています。筋肉だけでなく、髪や肌の材料にもなりますし、エネルギー源としても使用。たんぱく質が不足すると、健康にも美容にも悪影響が出てきます。筋肉を鍛えるためにも、たんぱく質。プロテインを飲むと過剰に筋肉隆々の体型になってしまうのではないかと心配する人もいますが、どのように筋肉が形作られていくかは、プロテインよりも筋肉の動かし方にあります。

プロテインが筋トレに効果的な理由は、トレーニングによって傷ついた筋肉を素早く回復するためにたんぱく質が必要だからです。傷ついた筋肉は、栄養や睡眠によって、たくましくなっていきます。少しでも早く、効率よくたんぱく質を吸収するためには、吸収率を考えて作られているプロテイン商品が便利。だから、筋トレがプロテインと結びつけられているのです。

筋トレはプロテインで効果倍増

筋トレは、いまや男性のみならず、女性にも人気のトレーニング。健康的で美しいボディを作るために、さまざまな筋トレの方法が考案され、いかに効率よく筋肉をトレーニングするかの話題が注目されています。そこでここでは、筋肉を鍛えるときに不可欠な栄養であるプロテインについて、特徴や接種方法、摂取量などを紹介していきます。

筋肉を使うと疲労し、筋肉が傷つきます。傷ついた筋肉は、栄養や睡眠によって回復。さらに筋肉に刺激を与えると、筋肉が強く育っていくのです。このとき、筋肉に必要となるのが、筋肉の元となるたんぱく質。筋肉は素早く回復させたほうがよいので、効率よくスピーディーに吸収できるプロテインが、筋トレには欠かせないと考えられています

体重や運動内容の違いによって、筋トレのときに必要なプロテイン量には差が出てきます。筋トレをしていないときでも、たんぱく質の必要量は多量です。筋トレするときの必要量は、普通のときの倍以上。大量のたんぱく質をカロリーや脂質などの心配なく吸収するためには、効率よく摂取できるプロテインが便利なのです。

プロテインには種類があり、種類ごとに吸収率が異なります。なるべく効率よくプロテインを吸収するためには、種類別に合った摂取のタイミングも重視して、上手にプロテインと筋トレを組み合わせることが大切。ただし、プロテインの過剰摂取は逆効果になりかねません。食事で摂取するたんぱく質ともバランスを考えて、プロテインを摂取しましょう。